なぜ海外FXか?
ホーム > なぜ海外FXか?

なぜ海外FXか?

海外FXというと
「よくわからない?」
「日本語ができない?」
「信用できない」
思って食わず嫌いになっていませんか?

 

多くのサービスは日本人向けに運営されており、サポートも充実しています。


口座開設、入出金も日本業者より簡単! 国内の業者とよりもお得なサービスが受けられます!
しかも国内の規制がない分海外FXはこんなに魅力的なんです!

 

 

高いレバレッジ!レバレッジ1000倍の業者も!

国内FX業者は2011年以降レバレッジ25倍が上限となってしまい、 少ない資金で多くの金額を取引するのが難しくなってしまいました。
これでは、多くの証拠金(資金)がない限り、一攫千金など夢のまた夢。

少額で始められるのがFXの醍醐味であり本来の魅力なのであるなら、レバレッジが高い方がメリットが多いでしょう。
FXでレバレッジ100倍の取引をすると、儲けた時の金額も100倍になります。
だから、海外FXでは少額の資金で億万長者が誕生するのです。

 

豊富なボーナス!入金額の倍(100%)の取引きボーナスも!

国内のFX業者も入金ボーナスなど行なっていますがその額もせいぜい 入金額に対して数千円のボーナスがほとんどです。
海外FXは入金額に対して30%や50%、キャンペーンによっては100%のボーナスがGETできます。

つまり100%のボーナス場合、10万円入金したら、20万円のポジションを持って取引できるのです。

 

お金を預けているだけで年利2%の金利を獲得できる業者もあるのです。
トレードコンテストなども多くあり、優勝者には多額の賞金やクルーザーでの旅行など豪華な賞品が提供されているものもあります。

 

資産も守られ、安全なトレードも保障されます。

海外FX業者でも分別管理、信託保全がされている業者も多いのです。
FX会社が破綻したとして、資産保全がされていれば安心です
国内FX会社であっても過去に信託保全がされず、破産後に証拠金の払い戻しができなかったところがありました。
自分の資産を守る為には分別管理されていることが重要です。FX会社の運用金とユーザーの証拠金を別々に保管することを分別管理と呼びます。

 

資産を守るのに最も安全なのは、信託保全という方法です。
信託保全を行っているFX会社は受け取ったユーザーの証拠金を信託銀行へ預けています。
信託銀行に預けられた証拠金は海外FXの会社が破綻しても、ユーザーのお金は守られ、返金されます。
海外FX会社には、政府監視下で分別管理を行ってくれている会社もあります。
この管理方法は、ユーザーの証拠金を政府が保障していることになります。

 

MetaTrader4(世界中で利用されているソフト)による自動売買に対応!

海外FX業者を選択する人の殆どは世界中で最も多く利用され、優れているチャートソフト「MetaTrader4」による自動売買(EA)を行なっているかと思われます。
「MetaTrader4」とはロシアのメタクォーツ社によって作られたFXトレードソフトウェアでEAという自動売買ツールを使用してMetaTraderに自動で取引を行わせることができるのです。
この自動売買によって24時間感情に左右されない自動取引ができます。

 

日本のFX業者はまだまだMetaTrader4に対応が遅れています。
その点、海外FX業者はMetaTrader4による取引が当たり前、 海外FX口座を開設してすぐに自動売買を行うことが可能なのです!

nettellerとは

カテゴリ別